テーマ:

テレニャーク

みなとは、にゃあにゃあ言って、パタパタと駆け回ります。私がパソコンを始めると画面に飛びつきます。ダンナがテレワークのために、会社のパソコンを持ってきたけど、なかなか上手くつながりません。みなとが、面白そうだと、ますます、はしゃいで、棚に飛び上がって、缶をガラガラと落とします。自分で落としたのに、驚いて逃げて行きます。白猫の背中の柔ら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

好奇心と昼寝

みなとが私の膝に乗って、パソコンを見つめて飛びつき、参加します。みなとは音楽好きでバンドに参加したがりますが、私が高校生の頃に家にいたビスという猫は、テレビのスポーツの試合に、飛びついて参加しました。ビスはこんがりと茶色いからビスケットという名前でしたが、父が客先から持って帰った家電品を修理する時に、ビス、ビスと口に出して言いながら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

動くものは

みなとが私の服のヒモにじゃれて遊んでます。引っ張られなくなったと思ったら、椅子の上に来ていて、尾を軽くふって、パソコンに飛びつきます。やっぱり、画面で人が動いてるから良いようです。みなとは、今日もステージに参加した、よく歌えたとご機嫌で、私の膝に移って前脚を肩までのばしてハグして、床に降りて私の脚にスリスリしています。黒マスクのマモ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

それも良い

みなとがにゃおーんと軽やかに鳴いて、軽やかな足どりで歩いて行きます。春さきどりです。黒マスクのマモルが、家々の裏の塀の上を歩いていて、尾をゆらゆらさせています。あずき似茶白が、ガゼボで顔だけ上げました。マンション前の常緑樹の並ぶ中に、一本だけ紅葉があるのですが、ヤマボウシという木だそうです。カエデみたいな色ですが、指が7本ぐらいある…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

つながりにゃん

みなとが棚の天辺に飛び上がります。換気してるけど、寒いので短時間になりがちだから、みなとはベランダに出足りなくて、部屋で飛んだり跳ねたりが多くなってます。黒マスクのマモルが、ガゼボで毛づくろいしてました。一瞬、片脚を上げたまま、動きを止めて、私を見つめましたが、すぐに毛づくろいにもどります。別の黒白猫が、駐車場の塀の上で、日向を愛で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

インターにゃんこ

みなとはにゃあにゃあ言って、ついて回ります。床にごろんとして、私の脚に猫パンチを出します。すぐに起き上がって、すり寄りながらついて回ります。他所では、こどら似黒白が、カーテンの隙間に顔を見せてます。夜に降ったようですが、曇りになり、青空になって行きます。足下の落ち葉は湿ってます。ぬれ落ち葉は悪い言葉ですが、案外、こういう落ち葉も良い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

寒空に響く

椅子にいたみなとが、目を真っ黒にして、軽く尾をふって、テーブルに上がって、あらためて私を見つめます。子猫の頃のような顔になってます。パソコンを通って、私の膝に移って、前脚を私の肩にかけてハグします。それから、窓に行って、毛づくろいしてから、すわります。黄色のコルベットの家の窓に、みなとのようなキジトラがいて、みなとみたいに毛づくろい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハッピーニャンイヤー

みなとがパソコンに頬をすり寄せて、ハッピー・ニャンイヤー!とメッセージを出し、私にハグしてから、窓に行きます。外のガゼボでは、黒マスクのマモルが、ハッピー・ニャンイヤー!と言います。別のガゼボで、あずき似茶白が、ハッピー・ニャンイヤー!と言います。こどら似黒白が、カーテンにもぐっていて、ハッピー・ねむねむ…と言ってます。みなとは何故…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

距離のあるなし

みなとは、私にぴったりとハグしてましたが、急に何かを思いついて、降りて走って行きます。もどってきて、もう一度、私にたっぷりと巻きついてから、窓に行きます。通りを白猫が全速力で走って行きます。黒マスクのマモルは、余裕を見せて、ややゆったりと行きます。幼稚園の子供達が近づいてきますが、つかまる前に公園の物置の下にもぐってしまいます。この…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

陽の短い

みなとは、私にぴったりとハグしてから、部屋の中をパタパタと駆け回ってます。そして窓に行きます。この日はコルベットが出かけて行きました。けれど、すぐに帰ってきました。ガゼボで、黒マスクのマモルが毛づくろいしています。動物病院のガラス扉の中で、とみこが看板猫しています。こどら似黒白がカーテンにもぐって、空では鳥が鳴いてます。 みなとが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬の街歩き

みなとが毛布にすっぽりともぐっています。私も行けば、首に巻きついてきて、マフラーしてます。みなとは、ふとんの中でたっぷりハグしたせいか、朝になって私が起きても、椅子には来ず、窓辺に行ってすわってます。黒マスクのマモルが、ガゼボにすわってます。晴れた日は、外もああいうところは良さそうです。あずき似茶白が、上の方で日向ぼっこしながら、こ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

年末の猫の夢

みなとが可憐な黒い瞳で見上げて、ねらいを定めて尾をふって、私の膝に飛び乗り、前脚を私の肩までのばしてきて、ハグします。そして、みなとは毛布の上に行って、ムーみたいにフミフミしてうっとりして、寝てしまいます。朝のうちは曇っていて、コルベットが起きない、エルフさえ来ないと、みなとは眠り猫をきめてますが、やがて陽が出てきて、茶トラが窓に出…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

道の妖精

みなとは街路樹の小鳥が鳴いてるのを聴いて、朝の寒いうちからベランダに行きます。まだグレーのカバーを被って眠っているコルベットを見てきて、パソコンに上がり、はやく起きてよ、♪黄色いクルマのニャンめぐりを発信できないじゃないかと、くるまにメッセージを送ってます。黒トラ白が、駐車場向かいのマンションの地階のテラスで、人とオヤツが出てくるの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

にゃんハグ

みなとはパソコンに飛び乗って、意味不明の難解なメッセージを送ってから、私にハグします。みなとのハグが人間のと違うのは、それから元通りに離れるのではなく、私の肩によじ登って、後ろの台に移るところです。駐車場の向かいのマンションの地階のテラスに、黒トラ白がいます。家の人が出てくるのを待ってるのですが、私の方も見ます。 みなとが、本棚に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

遊びは次々と

みなとが、やたらバリバリバリバリしています。昨日までは歌で頑張ってたから、今日は彫刻だと決めたようです。もちろん、相変わらず、にゃあにゃあと歌もやってます。そして、ベランダに降っている落ち葉を追いかけます。あずき似茶白が、ナンテンの上のガゼボに寝そべってます。黄色のコルベットの横の、塀と玄関の間に、落ち葉がはき寄せられています。何十…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

オス猫群

みなとが、まるまって寝てるのをじっと見てると、尾だけふります。意識的に尾をふるのか、尾が勝手にふれてしまうのか、わかりませんけど、かわいい奴です。よく眠ってるように見えて、ガラス戸の前に行きます。ベランダへ出るそうです。たまみのお気に入りだった場所の、ピンクの薔薇が大きくはっきりと咲いてます。窓に黒白猫がいますが、頭を下に向けて、変…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猫ボス魂

みなとは、起きてる時はついてまわってよくじゃれますが、寝る時は毛布にまるまってよく寝ます。キジトラが、朝日新聞販売店の裏の、ガゼボにすわってこっちを見ています。柄も表情もみなとにそっくりです。黒白猫が、坂の上の窓から道を眺めています。この日は少し晴れましたが主に曇って寒かったのですが、みなとはベランダ遊びが大好きで欠かしません。うち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

喜び踊り

みなとは、ベランダのエアコン室外機に上がって、外を見てましたが、私が近づいて行くと、ふり向いて、目を輝かせて、瞬く間に駆け寄ってきます。そして、スリスリスリスリして、尾をゆらゆらとふって、にゃあにゃあ言って、大喜びです。電柱の横にボールがひとつ置き去りになってます。そこから見て、緩い坂の上のマンションの窓に、黒白猫がいるようです。は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

謎かけ

みなとは、遊んだ後、ツメとぎ台の上で考え込んでましたが、この朝は窓辺をやめて、毛布の上にまるまって寝ました。陽が高くなって暖かくなってくると、窓辺に行ってます。他のマンション窓では、黒白猫が、後脚で首を掻こうとしています。うちにもどると、みなとはもうわかっていて、今日は黒白がニャンチューブに応えてたと、尾をふって窓から降りて来ます。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

乗っていた

みなとが、歩いて行こうとしてましたが、私を見てふり向いて、嬉しそうにじゃれついてきます。にゃあにゃあ言って、尾をふってます。あずき似茶白が、空を見上げてましたが、私にもふり向きました。その次のゆるい坂の通りでは、球乗り茶白が、地球儀に乗っていて、私にもにゃあにゃあ言ってます。 みなとは毛布の上にまるまって寝てるのですが、私が行くと…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

遊び眠り

みなとが、いつもの朝の挨拶として、私の脚にじゃれて遊び、私の膝に飛び乗って、ハグします。黒白猫は半透明のカーテンの向こうで、物静かにしています。動物病院のとみ子が、今日も看板猫しています。キジトラが熱心に毛づくろいしている窓もあります。川の横の黒白も、塀の横の木の下で毛づくろいしてます。対岸の窓には、別の黒白がすわってます。こっちの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いたりいなかったり

みなとは、毛布にすっぽりともぐって、見えなくなることがあります。一見、毛布がまとまってるだけに見えるのですが、実は、みなとが入ってます。起きると、部屋やベランダを駆け回って、テーブルに上がり、パソコンにスリスリして、ニャンチューブ発信です。それから私の膝に上がってきてハグです。あずき似茶白が耳をはっきりと立ててますが、寝ています。駐…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

寒いけど嬉しそう

みなとは、この朝も、私が靴下をはこうとすると、じゃれついてきて遊んでました。私が靴下をはいてしまうと、私のジージャンとマフラーをつかまえてすわって、ふり向いて、にゃあ、にゃあ!と勝利宣言しています。みなとが窓に寝そべって、外のガゼボには黒マスクのマモルがすわっています。初秋より多く大きくなってきた黄とオレンジのマリーゴールドの上の方…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

落ち葉中継

みなとは夜の間、ふとんにもぐって私にぴったりついて寝てましたが、朝には一緒に起きて、私の上着のヒモにじゃれたり、玄関でにゃあにゃあ言ったりしています。誰かが来たということはありません。ニャンチューブ発信に備えて、歌の練習です。ベランダに出ると、南方にテレビ局の研究所の天辺の塔が見えます。昔はオーディションに出かけなきゃならなかったけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

晩秋の昼下がり

みなとが、朝、茶白の地球儀乗りに呼応するように、掃除機に乗っています。それをニャンチューブ発信すると、毛布の上にまるまって、寝てしまいます。私が近くで靴下をはいても、この日のみなとはじゃれつかず、今は眠いからそんなことはどうでもいいそうです。この日は、朝日新聞販売所の裏のガゼボに、黒白猫がいました。眠っていてふりむかないけど、表にま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日向と影

みなとがベランダに干してある私のマフラーを引っ張って遊んでます。そして私についてきて、脚にスリスリし、にゃあにゃあ言って、服のヒモも引っ張ります。それから、陽のあたる窓辺で悠々と毛づくろいを始めます。道沿いの家の白いカーテンに、木の葉が風に揺れてる影が映っているのが、猫の毛づくろいみたいに見えます。本物の黒白猫も、別の窓にいますが、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日もブラブラ

みなとが私の脚にじゃれついて遊んでます。それから寝ます。黒白猫が、朝日新聞販売店の裏でガゼボ猫しています。見えにくい位置で、はじめて見た気がするけれど、本当は前からいたのかも知れません。家にもどると、みなとは起きてました。いつものことながら、私の脚にすり寄りながら歩くという、うかうかしてると踏まれる危険を冒しながら、上機嫌で意気揚揚…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

じゃれっ子

みなとは、私の横にさりげなく眠ってましたが、一緒に起きて、スリスリしてニャアニャア言います。けれど、となりか上階の犬の声が聞こえると、いそいそとベランダに出て、にゃあにゃあと返してます。もどるとテーブルに飛び乗って、パソコンに頬をすり寄せて、今朝のことをニャンチューブ発信します。それから、テーブルのビスケットの調査です。この朝は、英…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ねこの細道

みなとは朝のうち、すっぽりと毛布にもぐってますが、毛布の盛り上がりがもこもこと動いたり、ちょっと前脚か尻尾がのぞいたりします。この朝は、ちょっとだけ起きましたが、椅子に上がって周囲を見回して、たいしたこともないにゃとすぐに寝てしまいました。駐車場向かいのマンション間では、黒白が向こうを向いてまるまってます。今日は情報はないですよと、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

HEARTYキャット

可愛い顔をして寝ているみなとをなでてると幸福感があります。みなとも微笑んだような口元をしています。けれど、ひとたび起きると、目まぐるしく私のまわりを動き、ごろんごろんします。みなとが長めのハグを終えて、窓に眠りに行き、黒マスクのマモル君が、ガゼボに上がって毛づくろいを始めます。下の方に、黄色や紫やオレンジ色の道花が、こぼれるように咲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more