呼んでる

みなとが可愛い顔で見上げていると、こどらが見上げていた顔も思い出します。みなとを膝に乗せると、私の肩に前脚をかけて離れず、ろくに前も見えなくなります。みなとが飽きて降りて行くと、新聞などでバリバリを始めます。あずき似の茶白が、バリバリした障子で答えています。 みなとが朝のうちはじゃれてましたが、そのうち眠ってしまいました。外は、も…
コメント:4

続きを読むread more

パズル

毎朝の恒例通り、みなとがテーブルの上を歩いて、私の膝に乗ってきて、パソコンに手出しします。この日はわずかに雨が降ってるのですが、みなとはベランダのエアコン室外機にも上がります。外の塀やエアコン室外機には、路地にゃんはいませんが、雨なのだから、生きてた頃でも同じです。あずき似の猫は窓の猫ベッドに寝そべってました。旦那の誕生日プレゼント…
コメント:4

続きを読むread more

何かしてると猫が来る

お天気は良いのですが、みなとは朝も夕も、私にぴったりついていて、後は毛布の上にまるまって寝ています。あずき似の猫も窓の猫ベッドに深々ともぐって寝ています。ああやってると、いるかいないかわかりにくいから、左官屋さんの窓の箱にも、まだたまみが深々ともぐって寝てるような気さえします。 翌日も晴れでした。みなとは、テーブルの上を歩いたり、…
コメント:4

続きを読むread more

晴れればバリバリ

みなとが明け方にふとんの中でぴったりとついてきます。朝になると、膝に乗ってきて、ぴったりとついて甘えます。路地にゃんの薔薇が、あずき似の猫の窓の方を向いていて、おそらくあずき似の猫がにゃあと言いました。うちのドアを開けると、にゃあと言ったのですが、ドアに返事させておいたせいか、みなとは毛布の上でのんびりまるまってます。 みなとが膝…
コメント:7

続きを読むread more

平日の景色

みなとがこの朝も膝に乗ってきます。何をするでもなく、しばらくいて、尾をふって毛布の方へ歩いて行きます。この日は、路地にゃんの大きな薔薇が、揺れないで静かに咲いてます。あずき似の猫も窓のゆりかごで寝ています。 翌日も、みなとがテーブルの上を歩いてます。この日は少し雨が降ってたから、たまみ達が薔薇に宿らず、左官屋さんのトラックの下に行…
コメント:4

続きを読むread more

ゆらゆら

みなとをお腹に乗っけて暖かく眠ってると、昔知ってるハクという外猫も来ている夢を見ました。朝になると、みなとも起きて、にゃあにゃあ言って、すりすりして、膝に乗ってきて、いつものようにベタベタしています。3代目みなともそうだけど、2代目も初代も、みなとと名付けた者は、どの猫もベタベタしてました。ムーはちょっと距離を置く感じでした。ハクも…
コメント:4

続きを読むread more

ねこ窓

みなとが毛布の上にまるまったままで返事もしないから、今日はクールだなと思ってると、起きて来ます。私の膝に上がったり、テーブルに乗ったりを繰り返し、いつものようにホットでした。クールに雨の降る日で、あずき似の茶白が窓の定位置に寝そべってますけど、動いたり鳴いたりしません。薔薇がしおれ気味だけど、元路地にゃんトリオは、こんな日はそこで雨…
コメント:4

続きを読むread more

笑えるところが

みなとはすわろうとしてたけど、私の服のヒモが揺れるのを見て気が変わり、じゃれ出しました。私の膝に乗って、パソコンのキーを押してから、窓辺に行って寝ます。あずき似の茶白も陽のあたる窓辺で寝そべっていて、私が見てると毛づくろいを始めました。みなとも陽のあたる窓辺で、まどろみ続けています。陽がいっぱいあるのですが、風は冷たい日です。 み…
コメント:4

続きを読むread more

ねこペース

みなとは私の肩に前脚をかけて、赤ちゃんみたいに抱きついてるのも好きです。私が出かけようとすると、せつなそうな目で見つめて、はやく帰って来なくてはと決意させます。そのわりには、眠たい時は、私のことなど眼中にないみなとです。淡ピンクの大きな2輪の薔薇が風に揺れて、今日もたまみとあずきがじゃれてるイメージです。こどら似の黒白が、道の真ん中…
コメント:4

続きを読むread more

いつでも

みなとは私の服のヒモにじゃれるのが好きです。どこかへ歩いて行きそうにしていても、カリカリを食べようとしていても、何かの拍子にヒモが目にはいるらしく、次のことは止めてじゃれ出します。じゃれてるうちに、何をしようとしてたのかはどうでもよくなってしまいます。たっぷりじゃれてから、ぐっすり眠ります。この日も、淡いピンクの大きな薔薇が風に揺れ…
コメント:4

続きを読むread more

その原因は

みなとが起きてきて戸棚に入ります。出てくると私の服のヒモにじゃれつきます。それからテーブルに乗って、スープとチーズをチェックして、尾をふって、今日の寝場所に歩いて行きます。道端に淡いピンクの薔薇が大きく生き生きと咲いてます。たまみとあずきだなと直感しました。こどらは、いつものようにシャイだから家の中で咲いてるにゃんと言ってます。 …
コメント:4

続きを読むread more

猫メッセージ

みなとは毛布の上にすやすやと寝てましたが、起きて私の膝に上がります。テーブルに移動して、パソコンのキーをいくつか踏んで、メッセージを送ってます。郵便配達の頭上にイチョウの葉がひらひらと舞い降り、たまみもメッセージを送ってるようです。ガゼボの日向に猫がすわってましたが、黒白のマモルかと思ってたら、近づくと新たなキジ白です。みなとやたま…
コメント:8

続きを読むread more

雨も見たいよ

みなとがテーブルに立って、戸棚のガラス戸に前脚をかけて、通せんぼのようにしてるので、私が向こうに行けません。けれど、みなとをまたいで行ってしまいました。2代目みなとがすわってるのをムーがまたいで行ったり、路地にゃんトリオが互いにすわったりまたいだりしてたのを見慣れてるから、私も真似してみました。あるいは3代目みなともそのつもりで、あ…
コメント:4

続きを読むread more

夢が続く

私の夢の中に、犬のハッピーが来てたので飼い主に電話してるうちに、部屋が改装されてしまいました。ダンボール箱の中にうさぎが立ってるのを見たら、下にみなとがまるまって寝ていて、顔を上げて目をパッチリと開きました。私が起きると、夢とそっくりの顔で、みなとが足元にいました。みなとも起きて、テーブルの上を尾をふって歩いて、チーズをくんくんして…
コメント:4

続きを読むread more

猫の興味

みなとが毛布の上でまんまるになって寝ています。私がパソコンを立ち上げると、安眠妨害にゃとみなとが起きてきて、私の膝に乗ってきて妨害します。路地にゃんまで、猫の安眠妨害は困るねと、冷たい風に化けて、猫の声のような音で吹いてます。 みなとが床にごろごろして、私の脚に猫パンチを出してます。それから、陽のあたる窓辺に行って、とろとろになっ…
コメント:4

続きを読むread more

戸棚

みなとが戸棚に入りたがってます。前のみなとも入ったので、お兄ちゃんも入ってたじゃないか、行かせてよと言ってます。たまみがいつもすり寄ってた木から、落ち葉がパラパラと降りて来ます。一枚拾って行ったら、みなとが、たま兄ちゃんみたいだろうとじゃれてます。 みなとが寝ている、まるい頭が可愛いなとながめていると、何を見てるにゃんと起きてきて…
コメント:4

続きを読むread more

時空が言った

みなとが、いつもより遅く起きてきて、いつものようにスリスリと私にはりついています。外の公園の遊具の横に、黒マスクのマモルがすわってます。みなとと集会する時間がこの時だったようです。旦那が、ムーが白い猫を2匹つれてきた夢を見たと言ってました。外で幼いうちに死んだムーのきょうだいとたまみではないだろうかと思いました。ムーのきょうだいは灰…
コメント:4

続きを読むread more

もうクリスマス

みなとは、ねずみのおもちゃを次々と転がして、追いかけてはしゃいでます。赤と緑の縞の輪も、ついでに引きずり出してます。全て、みなとがもらったクリスマス・プレゼントと決めてます。猫の置物の乗ったポストの向かいの家の窓に、SANTA STOP HERE と書き出されました。空の雲の加減が、たまみとムーが、何を生意気な、SANTA COME…
コメント:4

続きを読むread more

ぐるぐるぐる

みなとが私の足元でごろごろして、膝に上がってきて、降りて尾を一振りして、窓の方に行こうとします。が、思いなおして、もう一度私の膝に乗ってきて、後でにゃあにゃあ言いながら、陽のあたる窓に行きます。路地にゃんがかけ寄ってきてごろんごろんしてた道も、暖かな日向になってます。 みなとは、ノートパソコンのディスプレイの枠に、毎日のようにスリ…
コメント:6

続きを読むread more

空を見て

みなとが膝に乗ってきて、パタパタと尾をふります。みなとが降りて、私の脚にフワフワと毛を触れさせてから、尾をふりながら窓辺に行って、今日も冬晴れだと確認します。たまみが風に化けて、道花や街路樹をひとなでして、ふるわせて行きます。 みなとがにゃあにゃあ言って寄ってきて、膝に上がってきます。私の腕に前脚をかけて、あっちを見たりこっちを見…
コメント:4

続きを読むread more