晩秋の昼下がり

みなとが、朝、茶白の地球儀乗りに呼応するように、掃除機に乗っています。それをニャンチューブ発信すると、毛布の上にまるまって、寝てしまいます。私が近くで靴下をはいても、この日のみなとはじゃれつかず、今は眠いからそんなことはどうでもいいそうです。この日は、朝日新聞販売所の裏のガゼボに、黒白猫がいました。眠っていてふりむかないけど、表にま…
コメント:4

続きを読むread more