石垣

みなとがすわっていて、私を見ると、尾をふって寄ってきて、スリスリします。それから、すわって待機して、後で同じようにすり寄ってきます。何度でもやります。同じようだけど、少しずつ違います。駐車場と道の間に並べてある、さまざまな柄の石のように、少しずつ違います。その縁石を、散歩中の犬がクンクンして、上の方では、マンションの窓に黒白猫がすわ…
コメント:2

続きを読むread more

ねこの修行

みなとが、クニャクニャして、にゃあにゃあ言いながら、すり寄ってきます。涼しくなってくると、暖かいからだが、いい感じです。そして、窓辺に行って、キリッとスフィンクス姿ですわります。秋ともなれば、自ら芸術作品するそうです。半透明のカーテンの向こうに、トラ白、茶白が、いるようでもあり、いないようでもありました。この日のぼんやりした曇り空を…
コメント:2

続きを読むread more

石の声

みなとが足元にまるまって、ウトウトしていて、尾や耳を少し動かします。起きてにゃあにゃあ言って、すり寄ってきます。そして、わけもなく、人の目から見ればわけもなくだけどみなとにはわけがあるかも知れないけど、パタパタと駆け回ります。みなとのニャンチューブに応える者がいるだろうかと思いながら歩いてると、トラ白が駐車場を横切って行きました。旧…
コメント:2

続きを読むread more

みんな仲良し

みなとは棚にもぐってましたが、いつの間にか出てきて、私の足元に来てます。見上げて見つめて、尾を左右に動かして、私の膝に飛び乗って来ました。すぐに降りて、何処かに歩いて行きましたが、パソコンがつくと、テーブルに上がってきます。いくらか涼しくなって白っぽい町を行くと、住宅の工事はやってますが、斜め向かいの出窓から茶白が監督してません。代…
コメント:2

続きを読むread more

みんな僕が好き

みなとは棚から降りてきて、にゃあにゃあ言ってスリスリします。つぶらな瞳で見上げます。いったん何処かにもぐったけど、後で尾をふって、たまみみたいにうれしそうにかけよってきて、にゃあにゃあ言ってすり寄ります。降ったり晴れたりして、風が吹いてるのを、白ねこが窓から見ています。 いつものように尾をふってにゃあにゃあ言いながら、私の先へ先へ…
コメント:2

続きを読むread more

バリバリ日和

窓の前にいるみなとのシルエットが秋らしいと思ってると、にゃあと言って歩み寄ってきました。けれど、すぐに窓にもどって、今度はムーに似たぬいぐるみに寄り添って、毛づくろいしてます。これは可愛い姿です。駐車場向かいのマンション間で見た3きょうだい猫のうちの、キジ白とキジトラが、数m下のタイル面にすわっていました。上のコンクリートは熱いです…
コメント:2

続きを読むread more

過ぎない遊び

みなとが私の脚にすり寄りながら歩き、私がすわると足元にすわります。テーブルに上がって、パソコンにも頬をすり寄せて、ニャンチューブ発信すると、ベランダへ外の反応を見に行き、今日もナイスだと言って、棚に上がって寝てしまいます。この日は、駐車場の向かいのマンション間の隙間で、トラ白、キジトラ、黒白を見ました。新路地にゃんなのか、別のきょう…
コメント:4

続きを読むread more

夕焼け色

みなとが棚の上にくつろいでますが、降りてきて尾をふってにゃあにゃあ言います。それから別の棚の奥にもぐって寝ますが、起きてきて、にゃあにゃあ歌ってすりすりしてニャンチューブ発信を始めます。それを見てるうちに、ムーの歌も思い出しました。いつも、みなと以上ににゃあにゃあにゃあにゃあとよく鳴いてました。最後の方には何も言わなくなってましたが…
コメント:2

続きを読むread more

青・白・グレー

みなとが、起きてる間はいつもにゃあにゃあ言って、すり寄ってます。この時間と回数が増えて行くところに、秋の近さを感じます。まだ暑いですけど。あずき似の猫が、窓の猫ベッドの片端にあご乗せして、長くなってます。ふり向こうともしません。昼にも一応にゃあにゃあスリスリしてたみなとも、棚の上にごろんと落ちつくと、もうそのままで、無関心です。 …
コメント:6

続きを読むread more

それもあり

みなとがニャアニャアすりすりとまとわりついて、歩いて、床にごろごろして、猫パンチを出します。何処かへ隠れてしまったと思ってると、どこからともなくぬっとあらわれて、私の足元に長くのびてみせます。蒸し暑くて風のないこの日は、青い花も揺れませんが、そこからたまみやこどらが出そうな気もしました。 みなとがくにゃくにゃスリスリしてきます。椅…
コメント:4

続きを読むread more